スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキブリのような

2018-03-27 23:42

ぽん豆です。

いやー春休みが終わっちまう!高校生の貴重な春休みが!

課題多すぎて泣きそうです。



もうすぐ学校が始まります。。。


小6だった私がもうすぐ高校2年生ですよ。信じられますか?


こんなにたくさん生きてるよ。。。


謎の生命力ですね。前世はきっとゴキブリです。

前前前世も多分ゴキブリです。

友達に「病弱不死身」という五字熟語のあだ名をつけられました。


いや、確かにな。言えてるわ。センス天才かよ。



ありえないくらい病弱なのに、

すごい、生きる。

とにかく生きる。

それが私です。うん





不安なのがクラス替え。理系女子の希少価値が天然記念物並なので

どうなることやら。

噂によると私が選択した理系クラスは

40人クラスのうち女子はなんと7~8人しかいないという。。。

ただでさえ、私の学年は男子が多いから、もうああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ




大変だ☆



そしてそういえば修学旅行があるじゃないか!!!



ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(静まれ)


END


こんなにも情緒不安定な終わり方の記事が過去にあったろうか。(多分いっぱいある)


次の記事はセクシュアルマイノリティ(Xジェンダー)の私が感じる、学校生活のここが嫌!

をテーマにして書こうと思います。

私のセクシュアルマイノリティについても次詳しく書きたいと思います

スポンサーサイト

自殺

2018-02-19 23:34

自分に甘えるな。


自分に厳しくあれ。


自分の1番の敵は自分だ。



自分の限界に逆らえ。



自分の道は自分で定めろ。



自分のやりたい事をやれ。



自分の事は自分で全部決めろ。



自分の事を人任せにするな。



人に流されるな自分に自信を持て。



自分で決めた事は絶対に曲げるな。



自分の短所を見せるな、隠す努力をしろ。






自分に勝ち続けろ。









自分自身に勝つこと、


それが成功への道。



自分に負けてしまう者は



他の誰にも勝てない。



他の誰かに勝ちたいのなら



まず、自分が自分に
勝たなければならない。












自分の意見を持ち、
自分の目標を持ち、
自分で決めた道を
自分の足で歩み
自分で生きろ。



自分を殺さず
自分に打ち勝て。




自分の意見を持たない者は
屍同然だ。


自分の意見を伝えられない者は
屍同然だ。




自分の意見を殺して
自分を殺すな。




自分を持て
自分を失うな




自分が変えろ
自分の人生なのだから。









どうも、どうもどうもどうも。ぽん豆です。

いろいろなことが一段落ついたので更新を再開していきます。


あのですね。簡潔に言うと、火傷をしてしまいました。

犯人は湯たんぽで間違いありません。有罪死刑です☆

麻痺で感覚が鈍い方の足で、熱さを感じなかったらしく

起きたら、どら焼きサイズの水ぶくれができてました。

おいおいまたかよ。(4回目)

低温火傷は実をいうと4回目なのです。

同じ過ちを4度繰り返すという愚の極み...

全治10ヶ月万歳!全治10ヶ月万歳!全治10ヶ月万歳!全治10ヶ月万歳!全治10ヶ月万歳!全(以下略)

ついに私は、湯たんぽ卒業しました!(遅ぇ)

案外湯たんぽ無くても生きていけますね

何で今まで根気よく使っていたのかは世界の七不思議

癌の再発もなし!絶好調です。嘘です。

少しだけ部活が忙しいのと課題が多い!先生がうるs...(自重)

頑張って参ります!また明日も更新できたら良いなぁ

END







セクシュアルマイノリティ

一生治らない病闘病16年目。

心の癌だ。

心は移植できない。。



一生、治らない。



自分がなにものなのか。

まだわからない。

きっと一生わからない。

男でもない。

女でもない。

私という名の

不思議な怪物は

人間界という地獄に

誤って産まれてしまった。


セクシュアルマイノリティ

一生治ることの無い病。


死ぬまでついてくる。


その病が完治するときは

私が死ぬときだ。

虎と馬の殺し方

2017-11-14 20:21

小学4~5年、通学団で同じだった2歳年下の女の子に毎日蹴られ、頬をつねられ青あざを作られていました。

小学5年、担任教師に所謂 冤罪 の私にまともに理由も聞かず
学年全員の前で叱られ鬱になりました。

小学5年冬、清掃時間小学2年生にトイレ清掃を教えるため3ヶ月間、指導に入ったときのこと
「なんかウザい」という理由で、3ヶ月間ほぼ毎日上履きに石けん水を入れられていました。

小学6年秋、抗がん剤で髪が抜け落ちた私が女子トイレに入ったとき、二歳下くらいの女の子に、
「男の子が女子トイレにいるぞ」と大声で罵倒され笑われました。その子が退院するまでそれは続きました。

中学1年冬、先輩に「歩くのが遅い」と足を蹴られ、血を流しながら帰りました。


高校1年秋、体育教師に「おまえは長生きできない」「おまえみたいな生徒は面倒だ。来年から面接で落とそうか」
「せいぜい長生きして30歳だろう」と笑われました。



わたしが後輩が嫌いで先輩が嫌いで教師が嫌いなのは

この過去のせいです。なぜここまで後輩に舐められ先輩に嫌われたのか

自分でもわかりません。


やっと最高学年となり、落ち着いて生活できると思った矢先

小児がんステージ4と診断されました。

きっと私は前世
とんでもない悪人だったのでしょう。


このトラウマと心の傷が今少しずつ癒え始めています。

中学時代、先輩に蹴られ、血と涙を流しながら帰ったあの日から

先輩が怖くて仕方ありませんでした。

後輩にかわるがわるいじめられ続けた小学時代の記憶が

私を年下嫌いにしました。

小学校では担任、高校でも養護教諭や体育教師の言葉に傷つき
中学時代の優しかった先生方を思いだし涙したあの日から

私は、教師を今までよりも信用しなくなりました。


その3つのトラウマの一つが今消え始めています。



それは先輩のトラウマです。


毎日罵倒され蹴られ続けていたあの通学路から

わたしは年上が苦手になりました。


部活に入ることが義務づけられている私の高校。

私は怖くて仕方ありませんでした。


不器用で使えない私を、受け入れてくれるのか

怖くて怖くて仕方ありませんでした。

優しく笑顔で迎え入れてくれた先輩方を

わたしは、疑っていました。いつか化けの皮がはがれる。と


人間不信といえばいいのでしょうか。





今年の夏休み、私は再発の疑いのため部活を数週間休むことになりました。


そのとき同じ部活動の人たちに

私の病気について黙っていたことをすべて告げました。


怖くてたまりませんでした。


中学の時

「足が麻痺しているんです。」と何度訴えても蹴ることをやめなかったあの先輩のように


「病気持ちか使えねぇ」と嫌われてしまうのではないかと

不安で不安で仕方ありませんでした。




告知してから、初めて部室に入ったとき、



「おはよう。」



今まで通りの朝でした。同輩から元気してた?と笑顔で声をかけられ

先輩からは、久しぶりだね。今日からまた一緒に頑張ろうと声をかけられる。

それ以外は本当に普通の朝でした。


たった、それだけのことで私の先輩に対するトラウマが半分溶けてなくなりました。


こんなにも簡単なことだったのかと。本当に驚きです。


先輩に対するトラウマが完全に溶けきったのは

つい最近のことです、




体育教師よるいじめに悩んでいたとき

ある先輩からLINEが届きました。

「つらいときはいつでも相談していいんだよ。」

そう言われたとき、

私は外出先にも関わらず涙をこらえることができませんでした


中学校の時、先輩に
「おまえの苦しんでる顔、ほんと面白いわ」
と言われた思い出と重なりました。




「苦しいときは相談していいんだよ。」

そんなことを先輩に言われたのは初めてでした。


私は涙が止まりませんでした。




部活の顧問がその体育教師で真剣に転部を考えましたが

その選択肢が無くなったのは先輩方のおかげでした。


先輩方や同輩の優しさとその苦しさを天秤にかけて

前者の方が圧倒的に勝ったのです。



こんなことが世の中にあるのかと
先輩は後輩をいじめるのが当たり前だと思っていた自分の視野の狭さに驚きました。


「応援してるから。」


その一言でトラウマが完全に溶けきりました。

こんなに簡単なことだったのか。


本当に驚きです。

トラウマというのはなかなか消えないものだと思っていましたが

私の大好きな先輩方がいとも簡単にその深い傷を消し去ってくれました。



「私、後輩にトラウマがあるの。多分優しくできない」


5ヶ月前の私の言葉です。


わたしは、この言葉を撤回します。

私のように、先輩にトラウマを持つ人を増やさないために、

また、わたしのもう一つのトラウマを克服するために、

後輩の手本となるような良い先輩

になれるよう努力することを誓います。





意外と後輩は先輩の背中をちゃーんと見ているんですよ。

END



コメントすべてお返事しました

ぽん豆カウンター

プロフィール

ぽん豆☆

Author:ぽん豆☆
小児がん(肝未分化肉腫)ステージ4と戦闘…そして
勝利(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)و ̑̑ グッ !
小6女子!(現在高校1年生)
ツイッター@shounigann2013

今は闘病後の経過など書いてます♪
闘病記は下のカテゴリー欄から読めます

↓クリックお願いします↓

カレンダーですけど。

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
113位
アクセスランキングを見る>>

検索しちゃう?

ブロとも申請受付中

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。