私の肝臓を褒めたい。

2017-08-20 22:29

おひさすぃぶりです。

次回予告を無視するあたりパリピといいますかなんというか。

私の次回予告は次回予告ではないです。
(だったらなんなんだ)


ここから下は大変心の狭いぽん豆が完全なる主観で

ひねくれ的考察で最近思ったことを叫びます。




其の一

最近さ、君の膵臓を食べたいだっけ?流行ってるよね。

でさ、でさ、最近のJKってやつは

プリント倶楽部でさ。(プリクラって言えよ)

プリント倶楽部って落書きできるらしくて(私は本当にJKなのか)

『膵臓食べてきたぁ♡』

『膵臓たべたぁ』

って落書きして送ってくるわけよ。

心の狭い私はこう思ったよ。


「膵臓の位置もまともに知らないくせに何を言っているんだ」


知ってる必要もないけども。


膵臓膵臓ってちやほやしすぎ!

膵臓の位置も知らんで、役割も知らんで

「膵臓食べたぁ♡♥♡」って。

膵臓にしつれいや!例の映画にも失礼や!

JKというやつはもう・・・。

膵臓の機能位置役割をすべて知り、

膵臓を愛し続けることを永久に誓った上で

膵臓を食べなさい。(正気の沙汰ではない)

そして、ほかの臓器も構ってあげて!(何目線)

平等に構ってあげて!(だから何目s・・)

私はとりあえず肝臓を愛でるぞ。

君の肝臓を褒めたい。

私の肝臓も褒めたい。

((((久しぶりの狂気ブログ)))



其の二

なんか校則厳しすぎぃ~とか

髪染めとかピアスとか制限して

人権侵害じゃなぁィ?もううざい。

学校とか人権無視してるよねぇ

って言ってるJKとすれ違ったけど

1つ言わせてほしかったのは

校則縛りってたった3年やん。

たった3年なのに、自分の欲を抑えることができないって

将来、どう生きていくの。

服装に関する校則をなくそうみたいな言う人いるけど

別にあってもよくないかな。

そりゃ、おしゃれしたい時期だし

色々チャレンジしたい時期だし

苦痛かもしれんけど、我慢することも学んだ方がいいと思うよ。

自分を制限する力とかもそうだし

学校は勉強をする場だから。

そこの区別をあやふやにして生きていくと

カジュアルかフォーマルかもわからない

公私の区別もつけられん大人になるよ。

そんなダサい大人になってもいいなら

校則破りなさい。好きな事やりなさいもう。しらんわ

(完全なる愚痴)


其の三

私が流行に疎すぎる件について。

疎いというか凄いひねくれててへそ曲がりで

意地でも流行に乗りたくない人なのね私。

人の意見に流される人間も大嫌いだし。

型破りに生きていきたい頑固な人間で

絶対人と同じは嫌だっていう性格なのね。

一言で言うと 

全日本頑固選手権の地区予選余裕で勝ち上がってくる、むしろ強すぎてシード権毎年もらえちゃうレベルの頑固さ

(わかりにくい上に一言で言えていない)

だからきっとPPAPも5年後くらいに踊ってるし

きっと君の名はも10年後くらいに見てるし

パンケーキとかも絶対並ばないし

ポップコーンにも並ばないし

新しく映画館できても絶対スグにはいかないで

めっちゃ廃れてから行くし


とりあえず不器用な生き方しかできない自分を殴りたい



けど、それはそれで自分らしくていいかな。

人に押し付けることはさすがにしないけど

我ながら相当うざい性格してると思うよ。

もうこれに関してはどうしようもできん

もうすこしばかり柔軟になりたいぜ。


END

ぽん豆twitter開設。

2017-07-31 22:44

お久しぶりです。腫瘍マーカー上がってました

ぽん豆でぇす。

最近 いろいろありすぎて、追々書いていきますが…

このブログも4周年を迎えまして、

私も高校生になりまして、ブログの更新頻度が月1ペース

私もいっぱい書きたいのに 時間がねぇ!ということで

気軽に呟けるツイッターを開設しました。

SNSに抵抗がある私なので ガードはかなり固めかもしれませんが

日々の愚痴やら ぽっと出の名言やら 迷言やら

ボソ…とつぶやいて行こうと思います。

2017073122274688f.jpeg


@shounigann2013

というIDです…

まぁ、気が向いたらでいいので 覗いてみてください。

かなりまったりやる予定。(あくまで予定)

ここならコメント欄よりスムーズに会話できるかな?と

そんな感じでございまする。


4周年記念。

最初の方の記事を覗いてみまして、

いやはや 小っ恥ずかしい…

語彙力…誤字ぃ…

最近の記事の比べるとどうです?!笑


文章変わったよねぇ!?


いいのか悪いのか…



小学6年の小娘が高校生になったのだから仕方あるまい。

(高校生もかなりの小娘感だが)

語彙力ついたのかな。高校生になって。



私が大学生になった暁には

ブログを英字に(やめんか!)

ブログを漢文に(白文で)

ブログを古文に…(いとわろし)


そんなことはしませんが


それくらい出来ちゃう 学力をつけていきたいですねぇ


大学卒業するころには

アラビア語でブログ書きましょうかね(なに専攻だよ。誰得だよ)




いや、理系だから 関数で感情表現できるようになるのかな。

オイラー先生、フェルマー先生に学ばねば。



さぁて…次回予告して寝ましょうかね。


「保健室の悪魔」

END


コメント返し
「あの時死ねば良かったのに」
まで完了いたしました!いつもありがとうございます

ぽっぽぽぽぽぽっつっっ豆です。

ピカピカの高校1年生になりました!自分でもびっくり〜

第一志望校は不合格で凄く辛かったけど、

今の高校がすごく楽しいので良かったです。

愛知県は全国でも珍しいシステムで 公立高校を2校受けられるんですよ〜

で、第二志望の高校に通っております笑


進学率が高く、医学科などに進学されている

先輩方がたくさんいらっしゃるので

後に続いていけたらいいな、と思っています。


さて、高校に入って 1週間 。 感想を述べさせていただきますと。

『忙しい』


課題 予習 復習 部活 通学


うわあああ〜(^p^)


学校行って 勉強して 寝るのルーティーンで、

朝7時に家を出て夜9時に帰る。


会社員かお前は!


と言いたくなるような生活ですね。


残業代を頂かないと。←

家 塾 学校 3つの世界で生きております。

体調管理もしっかりと。心がけていきたいですな。


クラスメイトのお話も少しします。

とっても女子が仲良しで、

私も全員と喋ったし、


自分がこんなにフレンドリーな人間だとは思わなかったですね、

人見知りだったはずなのに、どうしてだろう


皆さんがまだ自分を隠している この新学期という時期に

自分の個性を爆発的に放出している私って一体。

友達もたくさんできて毎日が楽しいです。

お弁当も 少人数で机をくっつけて食べるのではなく

女子全員 給食隊形のように 机を合わせて食べております笑

どこのクラスもそんな感じかな と思いきや

うちのクラスだけでした笑

そんな感じで 高校ライフを楽しんでおります。

勉強に部活に忙しすぎるけど、充実してるな〜と思います。

END

今からコメントお返事していきます!

いつもありがとうございます。



腹斬り抜刀斎こと、ぽん豆です。

私の過去は

私のお腹の十字傷だけが知っている(そんなことはない)


「るろうに剣心」風に言ってみました笑

今回の記事 結構長いです。

長くなっちゃいました…

まだまだ書きたいので パート2に続きます。



最初に手術をしたのは

入院して2〜4日くらいで生検?とやら

縦に長い傷ができた。

それが1つ目の傷。


肝臓癌を摘出した手術

最初の傷に上書きするように 縦の傷

そして新しくついた横の傷。

こうして腹の十字傷ができたのだ。(やはり流浪に剣心風)



そして左の鎖骨の下あたりに

1年半もの間 入れっぱなしだった カテーテルの抜いた痕

右の横っ腹には

腹部ドレーンが入っていた痕が2つ


ぽん豆にとってその傷は大切なもの

日記より 鮮明に 闘病を思い出す事ができるからね。


それぞれの傷のエピソードを今から書きます。


1つ目の傷。

初めての手術だった私

とても怖がりだったため 麻酔の説明だけで

ぶっ飛びそうだった。

手術前日に 「傷の無いお腹とも今日でお別れかぁ」と

静かに自分のお腹を撫でたのを今でもはっきりくっきり覚えている。

麻酔は手術終了してすぐに覚めた。

ドクターが「あら もう起きたの」というくらい

お腹がぐるぐると縫われて

すごく悲しくなった。「私、病気なんだ。」と 今更のように

外科の先生が抜糸をしてくれた時 痛みは尋常じゃなかった。

「ぽん豆ちゃん 糸取ったよ」

その声が私の闘病生活始まりの合図だった。

当時は 母親に「肝臓が疲れているから。ちょっと入院しようね」

と言われていたので 頑張っていた。まさか癌だとは。


2つ目の傷

Tを逆にした傷が へその上から痛々しく残っている。

14時間の手術だった。手術が決まった時

ついに来てしまった。いや やっと来た。と…

腫瘍摘出で全て開放されるという嬉しさと

手術中死ぬかもしれない。((いや それならまだマシか…))

術後 肝臓の摘出により 体の不具合で死ぬかもしれない。

という恐怖で震えた。ブログでは明るく、(実際も明るく振舞っていたが)

そうでもしないと気が狂う。

手術前日は下剤を飲まされ 浣腸。

まずい下剤を500ml 一気に飲まされた。(1度や2度ではなかったはず)
(ポカリスエットをめっちゃまずくした感じ)

下剤を飲まされ、当然のごとく下痢に

そして下剤がまずいので吐き気に襲われた。

そんな中で看護師が浣腸を持ってきた時には

「術前に死んでまうわ」と思った。


(それからポカリスエットが飲めなくなりました…笑)


下痢オンパレードの時 心理の先生(いつもお話ししに来てくれる先生)

が来た。「ぽんちゃん 明日だねぇ。」

私は横たわりながら 「死なないかなぁ。」

「大丈夫。ぽんちゃんは強いから。」

「そっか…また会えるといいね。」

「会えるよ。待ってるからね。」

「うん。また会おう。」

そんな会話を繰り返し、泣いた。

その夜も母と病院の狭いベットに一緒に横になりながら

「お母さんと眠れるのは今日で最後かな。やだな」

と言ったら、「そんなこと言わないの!最後な訳ない!最後じゃない!」

と、 物凄い剣幕だった。

そして当日、手術室に運ばれ うわんうわん泣いた

「麻酔かけられたらもう目覚めないかもしれない。やだ、麻酔やだ」

と言うと 麻酔科医の女の先生がずっと手をつないでいてくれた。

手をつないでいるとホッとして落ち着いた。そこから記憶がない。


目覚めた時 白い天井が見えた。

誰の声だろう…わからない わからないけど

『私 生きてる。』

安心したら意識がなくなった。

次に起きたのは心電図の音と太陽の光

ピコ ピコ ピコ…

息ができない。吐きそう。どうして?

自分の体を確認する事もできない。

原因はいくつもの管とドレーンだ。

そして体の左側が痺れて動かない麻痺だろうか。

口と鼻には管が、ずっと喉の奥に指を入れられているような

気持ちの悪さ。「オェッ」とえずく事さえも

傷口が開きそうで できなかった。えずいてしまった時には激痛が走る。

声にならない声で『取って下さい…くるしいです』と 言ったのを覚えている。


そんな苦しみから連れ出してくれたのは いつも モルヒネだった。

眠ってしまえば 幸せだと。モルヒネを打てば夢さえみない。



抗ガン剤の副作用に耐える自分

髪の毛が無いことを、病棟の子供にバカにされる自分

腹水でお腹が腫れあがっていく自分(最後は爆発した。)

そんな夢ばかりみていたのだから

夢を見ずに眠ることができるだけで嬉しかった。

夢の中だけでも元気でいたかったのに…

自分を裏切り続ける夢を断ち切り 眠ることができる モルヒネに

あの当時は少し依存していたと思う。


ICUの中で 私はこれまでに無い死の恐怖を味わった。

隣にいた男の人の苦しむ声

そのまた向こうのおじいちゃんが辛さのあまり叫ぶ声

自分が唸る声も…

誰が誰だかわからなかった。恐ろしかった


心拍と呼吸の異常はすぐ心電図が知らせる


『ビーンボン…ビーンボン…ビーンボン』

その音が鳴るたびに 私は目を覚ました

その音が自分の物では無いことを確認し 眠る。

自分の心電図が鳴った時 人生で一番怖かった

そんな中でも 傷口は疼き ひどく痛んだ。

寝返りも打てない、笑う事も、叫ぶ事も、苦しみを訴える事も

できなくしてしまう傷口が憎くてしょうがなかった。


モルヒネが切れて 痛み苦しんだ。

「それでも生きている。」

生と死の淵、狭間、境界線で

自分は今、確実に生きているのだ! と

傷口が痛むたび 生きている事を実感した。


傷口が痛まなくなった時 私は死んだんだ。と


私は生きている!

痛い…生きている…痛い…生きている…!!!

生きる生きる生きる生きる生きる生きる生きる…




憎い憎い大きなお腹の傷口が私の命を繋いでいたのだ。




やっとICUから抜け出し 小児外科病棟に戻ると

24時間テレビを母が見せてくれた。

顔だけテレビの方へ向けると

大好きな森三中の大島さんがマラソンに挑戦しているところだった。

いつもテレビで笑っている大島さんが とても苦しそうで 心配したけど

大島さんが頑張っているから!と 、

自分も 痛みと苦しみを解決してくれる時の流れの中で 懸命に走った。

ずっと時計の針を見つめ お腹の傷と心の傷が癒えるのを待った。

術後の1週間は 今の私の1年に等しいくらい長かった。


やっとお腹のステイプラーの針をぬいてもらえることになった時は

嬉しくてたまらなかった。

医療用ホッチキスで等間隔に止められた 私のお腹は まるでフランケンシュタイン

ドクターが2人がかりで両端から針を抜いてくれた。

右側はベテランの先生が、左側は新米の先生が


左側だけがとても痛かったのを覚えている笑

「〇〇先生!ちょっと痛い〜」

「うわぁあ ごめん!慣れてないからぁ」

「もう少しゆっくりお願いします!」

「そうそうそう そんな感じで残りも〜」


少しは私のお腹で練習できたかな?

結構な量の針で止められていたから上達したはずだ〜

針が抜けて すぐ小児科病棟に移され
まだ傷口が完全に癒えぬうち

さらなる 抗ガン剤治療 9クールが言い渡された

(合計14クール 化学療法をしたのは 日本でぽん豆が初だそうです。)

医者はこう言った

「明日から抗ガン剤始めます。」

「いや、もう少し早く言ってよ…」

術後あんなに長かった1日があっという間だった。

ケモ当日になり、いつもの様に恐ろしい吐き気。

吐くたびに お腹が引き裂かれる様な痛みに襲われた。

「ああああああああああ」

痛みに逆らって ありったけの声で叫んだ。

傷口に対する怒りしかなかった

やけになって わざと大袈裟に吐いた

何度も何度も 気が狂った中毒者の様に

「オエェ、オエェ、オエェ、オエェ」

息継ぎの間がないほどの速さで

何度も何度も、ベッドの上のたらいに頭突きをしながら

「オエェオエェオエェオエェ」

「なんでこんな頑張らないといけないんだ。こうなったのも自分のせいだ

苦しめ自分。苦しめ。苦しめ。苦しめ。」

こうしてわざと傷口を痛めつけ

一通り吐いた後は 傷口の痛みでベットの上をのたうちまわった。

それでも私は 大袈裟に吐くのをやめなかった。

胃の中を空っぽにしたって一向に引かない吐き気と

邪魔をし続ける大きな傷口の痛み、苦しさに耐えることができない自分への怒り


全てを自分にぶつけた。もっと痛めつけてやる…痛いだろう。痛いだろう?

どうだ、どうだ。これでもかこれでもか。叫び 吐き続けた。

隣を見ると母が泣いていた。訳がわからない なぜ泣いている?

苦しいのは私なのに何故私より先に泣いているの?

うっ…母をなかせたのは私だ。クソッ。ばかやろう。痛みが足りないんだ!


自分にやつあたりすることで 現実逃避をして満足していた。








抗ガン剤と闘病生活は人を狂わせる。

全て本当の話。

患者が一方的におかしくなったとか、わがままになったとか そんな事はありえない。

がん治療は人格を変えてしまう物だ。

立ち直れないほど病んでいた時

優しい看護師さん 薬剤師さん 心理士さん 栄養士さん

のおかげで少しずつ 心の傷が癒えていった。

がんを取り除くだけが、がん治療ではないと思う。

がんを取り除いてくれた外科の先生方
抗ガン剤治療を支えてくれた小児科の先生方
辛い時いつも側にいてくれた看護師の方々
相談に乗ってくれた心理士の先生
少しでも副作用、飲みにくさが改善されないかと
試行錯誤してくださった薬剤師さん
私の栄養バランスをいつも考えてくれた栄養士さん

あげていったらきりがないけれど…

全ての方々のおかげで 私はこうして生きている。

心も体も元気になって初めて、癌が治ったと言えるだろう。




私は癌が治った。

………………………✂︎………………………………

私のお腹の傷を指でなぞるだけで

鳥肌とともに 闘病の記憶が蘇る

決して忘れてはいけない経験 出来事。

醜い傷口は

大切な日記帳であり勲章であり誇りだ。

この傷がある限り 強く歩み続けられるだろう。


後編へ続く

(いや!まだ続くんかい!w)


《原稿用紙くれたらいくらでも書くよ〜
書きたいこといっぱいありすぎるよ〜》
ぽん豆…。

更新久しぶりすぎて 本名で書きそうだったぜ 危ない。


ぽん豆 中学校卒業証書授与式を終えました。


小児がんステージ4だった私がここまで生きられましたぞ〜

謎の生命力を発揮するぽん豆。

お母様と神様から頂いたこのお命。

これからもゴキブリに負けない生命力で生きてまいります!

ちなみに ぽん豆ホイホイを設置する事は法律で禁じられています。
(禁じられていませんがホイホイしないで下さい。)



さて、卒業式…ついにこの日が…

闘病中の私に言ってあげたい。

「未来の私は元気でやってるよ。中学校卒業できたよ。」


でも、そうやって言っていたら 私は死んでいたかもしれない。


明日 生きられるかわからない状況で

いつ病状が悪化するかわからない状況で

「どうしても生きたい」という強い執念が

自分を生かしたのだと。

術後 モルヒネで意識が朦朧とする中でも

「絶対生きる」と思い続けた。


そんな中で

「病気が治って元気になったよ」

と 言ってしまったら

きっと私は安心して死んでしまうだろう。



だから過去の自分に会いに行くのはやめよう!(ドラ○もん?)


過去の自分の頑張りを忘れず 明日も生きていこう〜



で、卒業式(2回目)

ん〜。涙より先に鼻水がでた私。

私の悲しみが反応する優先順位は

鼻水>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>涙

のようで。

誤 ぽん豆は仲間と別れる悲しみで涙が出た。

正 ぽん豆は仲間と別れる悲しみで 鼻水がでた。


ここからは真面目にメッセージを…



『メッセージ〜本当に辛い時 笑わせてくれた仲間といつも相談に乗って下さった先生方のおかげで

ここまで生きてこられました。長い人は12年間の付き合いですが、

ここから別々の道を歩んでいかなければなりません。

卒業式、この日で 私たちの付き合いは形的に終わってしまいます。

しかし 私たちが共に歩んできた道のりと思い出は永遠です。

別々の人生を歩んでいても 心の道はずっと一緒です。

12年という長い月日が築いた 私達の心の道は

強く立派なものです。

途中で脱線したり 枝分かれしたとしても

お互い人生を終える瞬間 後ろを振り返った時、

共に歩んだ心の道すじが 力強い1本の道になっていると信じています。


そして、あなた方がこれから切り開かれる人生の道のりの先に

明るい光がある事を願っています。


私も 自分の道を自分で切り開き

暖かな光がさす場所を探して

力強く 人生を歩んでいきます。


今までありがとうございました。

さようなら。そして これからも宜しくお願いします。


いつもブログを見て下さる方 いつもコメントを下さる方々

ブログ開設からもうすぐ4年。

応援ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

4年も生きられた という事ですね。

私が「生きる」事で 恩返しができるかわかりませんが

これから何があっても 生きて

いつも応援して下さる皆様に少しずつ恩返しできたらいいなと思います。

改めて これからもよろしくお願い致します。』




3年間色々なことがありましたね…(知るか)

頑張りに頑張りを重ねて勝ち取った卒業証書だと思っています笑

高校入試終わりました〜やったぜええええええ

私立も合格しているので

なんでもいいやあああああ←

どっかに受かればいいやあああああああ←

どっかに引っかかるんで安心してください!w

第1志望はチャレンジ校なのでわかりませんねー

地元の難関校で小さい時からの憧れだったから入りたいけど…

もし入れなくて第2志望に行く事になっても

大学で絶対抜かしたる!!!

なーんちゃって笑

何処の高校行っても目指す大学は変えないつもりです。

薬学部か医学部を目指します。

厳しいかもしれないけど あきらめたく無いので

頑張るだけ頑張ります。

END

高校入試も終わり 学校も休みなのでブログ更新も再開します!

コメントもこの記事からお返事していきます。


ぽん豆カウンター

プロフィール

ぽん豆☆

Author:ぽん豆☆
小児がん(肝未分化肉腫)ステージ4と戦闘…そして
勝利(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)و ̑̑ グッ !
小6女子!(現在高校1年生)
ツイッター@shounigann2013

今は闘病後の経過など書いてます♪
闘病記は下のカテゴリー欄から読めます

↓クリックお願いします↓

カレンダーですけど。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
80位
アクセスランキングを見る>>

検索しちゃう?

ブロとも申請受付中

QRコード

QR