ぽん豆の母の ぽんママです。


『医者をめざす君へ』山田倫太郎(著)
倫太郎君!!! 読みましたよ~。オンデマンド出版って、購入が難しいのかと思っていたら

私の とんだ勘違いで、アマゾンで買えました。想像以上で驚きました。

今までの読書量は、かなりのものなのかな。

「これ、あるある~」を連発しながら 親子で読みました。

入院されたことがある方は そうだよねと思う部分が必ずあると思います。

日本中の医学部の入学式で この本を新入生に渡すことにして欲しい。

医師国家試験合格者に 渡してもらえば 即役立っていいかもしれない。

患者さんは どうして欲しいのか どうされるのが嫌なのか
読めば 必ず 気づかされることがあると思います。

多くの医療従事者に 読んでもらいたい。

22頁に書かれていることと 似たようなことが娘にもありましたよ。

見ず知らずの人に「お気の毒に」と 言われたんです。

52頁に書かれているような 悲しい思いは 入院体験者は一度はしているかもしれません。 

入院中の他の楽しみと言って思い出すのは 私たち親子の場合、

病院の敷地内に 灰色のドロドロ池があって(濁っているので中が よく見えない) 

これまた灰色の鯉が 泳いでいるんだけれど そんな全く可愛くない鯉を見るために車いすをひいて何度か行きました。

健康な人が 見向きもしないようなことが 

入院中は、「とても楽しい事」でした。灰色の鯉たち 元気か~い?

3か月ごとに病院を変われたら 気分転換になっていいのになとも思っていました。

倫太郎君の詩。「病気を治すには」を読んで思い出した子がいます。

同じように思いながら みんな入院してますね。早く学校に 戻りたい。

そう願って頑張っても 叶わない子がいます。辛いことがあっても

その子のことを思えば 耐えられます。

倫太郎君の本を枕元に置いて繰り返し読んで 入院中の事も忘れないようにして

毎日頑張ろうと思います。

私も病気で通院しているんですよ。バセドウ病です。

昨年末から原因不明のひどい咳、肩こり、頭痛が続いたので漢方薬も処方してもらってます。

倫太郎君も 頑張っているから おばちゃんも頑張ります!

24時間テレビを録画したので 見ていたら 倫太郎君が出ていて びっくり。

倫太郎君と ご家族の皆さん こんにちはー。テレビに呼びかけてみた私。

録画したので また見られます。倫太郎君、とっても面白いんですね。

最近、気分が沈みだすと止まらなくなるので、そんな時は 明るい倫太郎君をレンタルできたらいいのにと思ってしまいました。

ぽん豆カウンター

プロフィール

ぽん豆☆

Author:ぽん豆☆
小児がん(肝未分化肉腫)ステージ4と戦闘…そして
勝利(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)و ̑̑ グッ !
小6女子!(現在高校1年生)
ツイッター@shounigann2013

今は闘病後の経過など書いてます♪
闘病記は下のカテゴリー欄から読めます

↓クリックお願いします↓

カレンダーですけど。

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
80位
アクセスランキングを見る>>

検索しちゃう?

ブロとも申請受付中

QRコード

QR