友がくれた絆創膏

2016-03-28 10:13

何故か最近 受験の夢ばかりみて

高校受験が他人事じゃなくなってきたやばい。勉強しなきゃ

志望校どうしよう。受験生じゃん。

男子ってあっという間に追い付くって言うしなぁ。

不安に押しつぶされそうな

ぽん豆です。(長いわ)


いやぁ二年生終わりました。
今年もいいクラスだった!

いい友達もできて楽しかった!

本当に良い中学校だと思う!

中学校生活楽しかった。(卒業かよ)

まだまだ3年生 受験生として 最高学年として

頑張っていきたいです。。。(;´Д`A ハァ


では本題。




私が、廊下でダイナミックに転んで

あっという間に青あざに発展してしまった時。




ぽん豆「痛えっ。さっき転んだところ青あざ。

え。なんか腫れてきた。」


友「よくなにも無いところで転ぶよね。怖いわぁ。
青あざで済んで良かったね。本当に(*´ω`*)うふふふ」


ぽん豆「まぁ、そうだね。と、いうか
なんで ちょっと嬉しそうなんだよ(笑)」



友 スッ(絆創膏を差し出す)「はい、あげる(`・ω・´)キリッ」



!?



ぽん豆「あ、あ、ありがとう。ん?これは果たしてありがとうなのだろうか。
ちょっと聞いていい?」


友「よかろう」


ぽん豆「打撲傷とか あざの上に絆創膏貼る?最近の若者ははるのかね?」



友 (凄い考え出す)












友「あったかい!(患部が)」






友・ぽん豆「wwwww」



友「あざ、良くなるといいね」



ぽん豆 「ハッ ( ゚д゚)」





ぽん豆「ありがとう。・゜・(ノД`)・゜・。」






ほっこりしました(*´ω`*)心が温まる絆創膏。

「あざに絆創膏貼るか?」と聞いた時に

(しまった…) という友の表情に 本当の優しさを感じました(*´ω`*)


そしてまさかの あったかい 発言。流石です。

まさか、傷口の保護以外にも効果があるとは…知らなかった笑


患部の保温効果。冬場にはもってこいですね!←


数々の名言を残してくれた 友。

あったかくなる絆創膏と友の純粋なる優しさに

心あたためられました(*´ω`*)


不思議ちゃんコンビ。

たとえクラスが離れたとしても。不滅でござる。



内出血だから 冷やしたほうがいいと思って

あったかい絆創膏は使わなかったけど
(もったいなくて使えなかった)

使うときがくるまで大切にします笑

というか、永久保存版の絆創膏ですね。


おまけ



母「なんで スタンドライトに 絆創膏貼ってあるの?」

ぽん豆「あったかくなる絆創膏だよ!」

母「えーと。(理解しようとして出来ていない様子)」


20160328123436266.jpeg


END

どーもぽん豆です。

昨日、学校で

「立志ウォーキング」という 行事がありました!

我らが中2(厨二とも言える)軍団が

40km 32km 25km

と3つのコースにわかれて 歩きました。

歩きました。



大事な事なので2回言いました。



友「ぽん豆ちゃん何kmコースにしt…




ぽん豆「252525252525 25!(即答)」


友「お、おう」



ぽん豆は体力的に25kmがベストなので

最短コースの25kmに!

25でも相当キツそう…って

キツかったけどね。



学年で統一した目標は

『自分の意志を貫ぬくための強さを身につける』


よっしゃ!やったるで!意志の強さだったら誰にも負けん!


と意気込んで 学校出発!


先生にも「無理だけはしないように」と

言われたけど 「無理」という言葉はぽん豆氏の辞書にはないのだよ…


折り返し地点の公園までは難なくクリア!

早く着きすぎたので ご飯食べてお昼寝して 学校へ!


あれ…腰が痛い…。あれお腹か。え。



ゑ。



いきなりトイレ行きたくなるぽん豆氏。


ですが なんと なんとですね

気合いでトイレ休憩の公園まで我慢

昨日のぽん豆は一味違った(`・ω・´)


20kmに差し掛かったあたりから

膝 ふくらはぎに激痛が、

きっと先生からしたら

ここまで私が来れただけで驚きなんだろうけど

ぽん豆は最初っから諦める気なんてないので

ずんずん進む。ひたすら進む。

歩いていればいつかは着く。

と、止まったら終わりだ。と

体力がなくとも、気力だけで25km歩ける事を証明したる!

どんなに足が痛くても

全く辛くはなかった(精神的に)

限界を決めるのは自分 と。

今は ただひたすらに痛みに耐えて

足を動かすだけ ただ 足を前に出すだけでいい。


いやぁ、強くなった。自分でも驚いた。

心の中に自分を励ます自分がいて

「おい、25km歩くって決めたんなら 最後まで歩け!」

「前の集団から離されるな!足が麻痺してるから とか
病気を理由にして 先生の世話になるな!」

と、

なんと1度も集団から離されることなく

25km 歩ききりました。ものすごい達成感!

楽しかったー!運動の楽しさを思い出した!



本当はめちゃめちゃ 先生とか友達に自慢したかったけど←

32km 40km 歩いてきた友達に申し訳なくて笑

すごいなぁ…。みんなお疲れ様!


「ゴールした時に大きな何かがが得られる。そんな立志ウォーキングにしましょう」
と級長さんが出発式に言っていた事を思い出して



32歩いてきた友達に



ぽん豆「なにか 得られたものはありましたか?」


友「思ったよりずっと 大きなものが得られました…」


ぽん豆「おっ!なになに?!」





友「腰痛と筋肉痛と大きな疲労」


ぽん豆「Me too.」





達成感や自分の成長を知ることができた

以上に 全身の痛み。



アスファルトに体打ち付けられてる感じ。


本当に大きなもの得られたわ…色々な意味で。



ああああ。筋肉痛痛いよ〜。腰痛いよ〜。


今日は 筋肉痛と戦うぽん豆。


何はともあれ ウォーキング 楽しかった。

一生の思い出だ!

みんな本当にお疲れ様でした!先生方もありがとうございました!

なにより ここまで歩けるようになったことに感謝!

足の麻痺を忘れるくらい 頑張ってくれた 我が足に感謝!

END

インフルエンザなっちゃいました。ぽん豆です。

しかもテスト週間に。

B型インフル…。

予防接種を打ったので軽く済みました。(もう治ったゼ)


できればテスト週間じゃなくて

もう少し暇な時になりたかった…ううううううううううう(発狂)


38.0℃あるのに


「ハッ…フランス革命ッ うっ 朕は国家なり ハァ…ゼエゼエ…」

「ウッ… ピュ、ピューリタンかくめぇええ ゲホッゲホッ…」



と、布団のなかで 悶絶しながらテスト勉強。

苦しかった。頑張ったわりには 覚えられてなかった(;´Д`●)


革命起こり過ぎて…覚えることが…。世界史 カタカナ多過ぎてぁああ。


未来の子供たちの為に、革命は起こさないであげよう←((((

歴史覚える事増えちゃうからね←


平成を生きる我らでも 歴史(日本史 世界史)の範囲が相当多いのに

この何百年も後に生まれた子供達は どうなってしまうんだ(^ω^)

なるべく 戦争とか事件起こさないようにしなきゃね笑



2016 かぁ。

このブログをはじめたのが2013年。

病気が発覚したのも2013年。

完治して 退院したのが 2014年。


へえ、こんなに経つのかぁ。

今だに 抗がん剤投与の夢見るし

抗がん剤想像しただけで 吐ける。(今年1回吐いた。)

壮絶だったなぁ…。


術後なんか動けなくて、身体中管だらけ

ICUにいた時は

首に点滴2本
鼻に管2本
口に1本
手足に点滴3~4本
腹部にドレーン2本
指にサチュレーション

身動きとれなかったな笑(笑い事じゃないけど)

ひとつずつ 管が取れていく度に

凄い喜んでたなぁ…


「今日、鼻の管 抜いてもらえるんだ!やった!」

って、声に出せないけど、喜んでたなぁ。

「今日は昨日より管が2本減った 幸せ!」って。


なんか 涙出てきた。


あの時の私、 強かったな。

寝返りうてる事も幸せなんだよ〜

寝返りうてない苦しみを味わったことが

ある人はわかると思うけどかなり辛いです。

昨日は寝返り打って寝られた!=幸せ

今日も幸せが沢山ですね〜学校行けたし!




辛い時は 困窮したるときを思い出す。

闘病より苦しいことなんて そうそう無いし。

明日もがんばろ!

コメントお返事します!たくさんのコメントいつもありがとうございます
励まされます!

ぽん豆カウンター

プロフィール

ぽん豆☆

Author:ぽん豆☆
小児がん(肝未分化肉腫)ステージ4と戦闘…そして
勝利(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)و ̑̑ グッ !
小6女子!(現在中学3年生)

今は闘病後の経過など書いてます♪
闘病記は下のカテゴリー欄から読めます

↓クリックお願いします↓

カレンダーですけど。

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
130位
アクセスランキングを見る>>

検索しちゃう?

ブロとも申請受付中

QRコード

QR