ぽん豆の 母親の ぽんママです。

娘が 皆さんから コメント頂けたこと 喜んでいました。

それを見て 私も幸せな気持ちになれました。ありがとうございます。


今週から 通学路を歩く練習を 始めました。少しずつ距離を のばして

一年後に 往復3キロ 歩けるようになれば いいかなと思っています。

さっそく 転んで 帰ってきましたが。。。


さて、今日は 抗がん剤治療している子たちが

大嫌いな 痛い痛ぁぁぁぁ~い 皮下注射 『グラン』の話。

無菌室から早く出たい でも グランは 打ちたくない。 究極の選択。

少しでも 痛くない方法。

うちの子の場合は以下の方法で苦手じゃなくなった。

普通 インフルエンザ予防注射なんかは 腕の外側に打つんだけど。

外側じゃなくて 腕の 内側にグランを 打ってもらうの。

腕を だらんと 下に たらして 腕を曲げると できるシワより上の

腕の内側を 反対側の手の人差し指で ツンツン してみてください。

一番鈍感なところ 痛みを感じないところに 打ってもらうといいよっ。

腕の外側より お肉が ついている内側の方が 痛くな~い。

とにかく ぷよっとしてて 指で 押しても 痛くないところ、何も感じないところに 注射 !

試してみてね。 

これ 実は 「自分で研究してみて痛くない方法 みつけたよっ」と言った

小児外科の 素晴らしい看護師さんの発見。 表彰してあげたい!!!

みんなのために もっと早く ブログに書けばよかったかな。

ドクター&ナースには 注射が上手だと 言われている人から 

「コツ」 を 学んでおいてもらいたいです。

ぽん豆を 毎度泣かせた 注射を 痛くしか打てない 不思議な先生は

研修医でも 助手の先生でも ありませんでした。

だから 数こなしても うまくならないものみたいですよ~。

他の人だと なんでもない注射も 痛かったのは なんででしょう?

速度? 角度? 力加減? 

偶然痛かったわけではないと分かった入院後期には 

できるだけ他の方に打ってもらっていました。

その先生が 当直だと 看護師さんから情報をGETした日は

具合が悪くなって 培養検査(採血etc.) なんてことに絶対ならないよう

バコバコ気合を入れて一日過ごしてたんです。娘にとっては一大事でした。

長い入院生活だと 注射の数も その分多いですから、

闘病生活が 少しでも 苦痛のないものになるよう

注射の研究と練習 どうか よろしくお願い致します。m(_ _)m

コメント

こんばんは

2014-12-09 21:31

ぽん豆ちゃんからのコメントの返事嬉しかったです(^_^)
でも負担にならない程度で構いません!ただ自分のメッセージが届いているだけで私は嬉しいです!
転んだ怪我大したことなくて本当によかったですね!!
そして注射、やっぱり先生によって違うんですね(・_・;
今までのぽんママさんの記事、本当に今後の役に立ちますね。感謝します。
  • URL
  • ジャックダニエル #PZ7W3wQg
  • Edit

No title

2014-12-10 16:11

おぅふ 腕の内側ってそうぞうしただけでいたいたしい((汗)) 予防注射うでの振り袖に刺されるより痛いんだろうな(((´`;=:´`)) でもさすがですねぇ小児科の看護師さん 整形外科はひどいんですよ.... ただの点滴に看護師長まで出てようやく成功したのはいいけど場所が手の親指の下のもこっとしたとこ ちょっと動くとずれて液止まるからって笑うのもトイレも禁止で体が痛かったという経験が、、、、
成功したの6回目だし(((~~;)))痛かったのに謝罪無し
本当に尊敬しちゃいます! この方法が広まって注射がいやっていう患者さんが少しでもへればいいですね!!
  • URL
  • もっぴー #-
  • Edit

注射

2014-12-10 19:19

5年前から、皮下注のこと(グラン)と言うのも知らずに居ました、、、 私は今は、ランマークを月1回打ってます。 あ!!以前にお尻に(フェソロデックス)1年間打ちましたが 痛かったー(ToT) 打つと座る事、横に寝る事も出来なくなるくらいでした 少しでも痛くない場所を見つけるって 凄い!! ぽん豆ちゃん頑張ったんですねー  私も注射負けないように頑張ります  (^o^)/

ジャックダニエル さんへ

2014-12-10 20:31

ぽんママです。いつも有難うございます。ぽん豆さんですが、ここのところ「気分が沈んでる」って、よく言ってたんです。「たくさんコメントもらえた、嬉しい」って つぶやいているのを聞いてホッとして私も救われました。まだまだ山あり谷ありです。ひざ小僧がすりむけてて、服と擦れて痛いようなので正方形の大きい絆創膏を今日買ってきました。注射は上手な人が分かっていたら遠慮なく指名していいと思います。でも、そうするとデキる人が忙しくなっちゃいますよね。給与で差をつけててもらうように言ってあげないと、かわいそうですかね。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

もっぴーさんへ

2014-12-10 20:35

腕の内側って想像すると痛そうですよね。「ここに打ってください」って他の看護師さんに言うと「えー?そこぉぉぉ?」とか毎回驚いて言われたんですけど、不思議と痛くなかったみたいです。6回目ってスゴ~イ。もしかして、もっぴーさん血管細いのでは?私が昔、入院してた時も一番うまいと言われているベテラン看護師さんが登場しましたね。点滴とか、すぐ漏れちゃったりして大の苦手でした。丈夫な人って、たいてい血管太いですよね。通院常連者は細い人が多いです。バセドウ病の検査で採血は私も2か月に一回はしますが、まれにハズレの方に当たります。下に押さえつけるようにされると とっても痛いですね。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

みよっちーさんへ

2014-12-10 20:45

みよっちーさんも頑張ってらっしゃるんですねぇ。ランマークとフェソロデックス 知りませんでした。早速調べたら、やっぱり痛いって書いてありましたよぉ。お尻に打つ理由ってなんなんですかね。それこそ肉がある所に打つ方が痛くないからでしょうか。自分を殺しかねない病気をやっつけるわけなんで痛くてもしかたないかもしれないですが、もう少し治療が楽にならないものかなと思いますよね。色々なところが繊細にできている、ぽん豆の場合、辛すぎました。抗がん剤投与してても髪の毛も抜けないし、吐き気もでない、薬もなんなく飲むという子もいましたね。頑丈なのか鈍感なのかはハッキリ分かりませんでしたが、うらやましかったです。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

2014-12-10 23:33

気分が沈んでるんすか…。なかなか気の利いたコメント出来なくてスマンです。
私は気分が沈んだらトコトン沈んでしまって、そこからユラユラと上がってくるタイプですかね?いろいろ気分転換する方法を試してみるのも良いかもしれないね。それでベストの方法がみつかればイイよね。何事もこれで正解‼︎なんてないと思うから、ひたすら音楽を聴くとか、友達としゃべりまくるとか、トコトン寝てみるとか^^; まずは無理せず自分と向き合うと良いかもね。頑張りすぎないで。
  • URL
  • なべ #-
  • Edit

なべさんへ

2014-12-11 00:00

いつも有難うございます。「なべさん お父さんだって、間違ってるよママ~」って、ぽん豆から聞きました。いつもの早合点、結構サザエさんなんです私。すみません。食べたいもの食べるとか面白いDVD借りてくるとか色々してみたんですが、いったん気分が沈むと、なかなか良くはならないみたいです。悪夢も毎日のように見てますね。学校のアンケートで「心が病んでる」って結果が出て相談員の先生が ぽん豆のところにきたみたいです。それは少し笑えました。理想と現実のギャップに苦しんでいるのかなと思います。まあ、この一年は我慢大会だと思って頑張ります。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

2014-12-11 12:08

こんにちはf(^^;)
とうとう根雪になりました。
次男坊を外で遊ぼうと連れて行ったのが仇となったかな( ̄▽ ̄;)(笑)

毎日長靴と手袋を両手に持ってゴジラの様に私の方へヨチヨチと…ついでにリビングの戸も開けられる様になったので玄関に脱走と…日々次男坊と揉み合って居ます(笑)

注射…うちの長男
大の注射嫌いで予防接種も大変でした
小2の時に盲腸悪化(診断遅れ)1ヶ月傷口開けて膿を出していた時期があり、本当に大変でした。
近所の小児科では伝説上の人物かと(笑)
五人がかりで押さえたことも…
歩いて登校も焦らず焦らず
長男も1ヶ月寝たきりで リハビリがてら学校まで行こうと何度もチャレンジしましたが、ほぼおんぶしてました。1ヶ月位かかったかな…1人で歩いて行けるようになるには。私自身怪我で1ヶ月寝たきりになった時はやっぱり普通に歩けるようになるまで時間かかりました。あの時は一番最初にリハビリ行った時、歩き方がわからない事にかなりの衝撃を受けました(*_*)

長男も
高校でバスケ部の部長になるまで成長し
身長も話する時は首が痛くなる( ̄▽ ̄;)まで成長何事も
焦らず焦らずが私のモットーです(笑)

先週インフルエンザ打ったら
私の腕見事
青アザが出来
まるで力こぶがあるみたいに腫れ上がり(*_*)しばし痛みが…
私自身経験した中で一番注射が上手なのは麻酔科の医師でした
子どもにとっては
痛いのなんてなければ無い方が良いので小児科には注射上手な方が居てほしいですc(>_<。)
  • URL
  • みゆ #jhC0J7jE
  • Edit

みゆさんへ

2014-12-11 19:26

根雪って知らなかったです。中島みゆきの歌にもあるんですね。みゆきさんが「建物の造りが違うから北海道より東京のが寒い」ってオールナイトニッポンで言ってたの思い出しました。この辺は無形文化財で雨乞い笠踊りってのがあるぐらいで雨も近隣市より降らないです。今日は雨でしたけどねぇ。盲腸の診断遅れって、まだあるんですね。災難だな。小2で、そんな痛い思いしてトラウマになりそうな体験だわ かわいそうに。うちの父も盲腸手遅れで死にそうになった人なんですよ。40年ぐらい前の話なんで、その頃は調べる手段も今ほどないんで結構、誤診もあったんじゃないかと思いますね。とにかく医者の診断信じすぎて我慢しすぎはダメですね。それ考えると、うちの家族 過去に学んでないですね(笑)。焦らないように気をつけます。人間ついつい欲が出てしまっていけません。インフルエンザ予防注射打ちますよね。うちの家族も全員毎年打ちます。でも全く打ったことないっていう人いたりするんでビックリしちゃう。私、1回打たなくてインフルエンザになってしまって五個ぐらい湯たんぽ布団に入れても雪山に遭難したぐらい寒くて寒くて意識が遠のいて死んじゃいそうになったんで(あくまで本人が もうすぐ死ぬと感じただけ)それからは絶対毎年打ってます。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

医療者の方に読んでいただきたいですね

2014-12-12 00:33

ぽんママさん、

こんばんは、セシリアです。

グランの事で時々お話したのを覚えております。
いろいろ工夫して乗り越えられたのですね、素晴らしい。

私は、幸い骨髄抑制がさほどひどくなかった(白血球が
1000を下回ることはなかった)ので打った経験はありませんが、
あれは、おとなでも痛くて憂鬱になるそうです。
 少しでも痛みが少ない方法があるのなら、是非、声を大に
して、もっと医療者の目に触れる形で発表していただきたいですね。
(何か方法はないものか?)

  ところで、ちょっと気になった記述があったので、一言余計な
ことを申し上げます。
他の抗癌剤治療を受けているお子さんについて、「脱毛もないし、
吐き気もないし・・・うらやましかった」とおっしゃっていますが、
これは、やや一面的かなと治療経験者は思います。
 私の主治医によりますと、がんは、1つとして同じものはない
そうです。そして、治療もまた然り。
 同じ病名でも、使用する抗癌剤が病院や病期によっても異なって
きます。ですから、副作用の出方が違ってくるのは当たり前です。

私の場合は、吐き気が先生も驚くほどきつかったですが、骨髄
抑制はそれほどでもありませんでした。
吐き気が少ない方は、白血球が激減したり、貧血がひどくなったり
痺れがひどかったり、外見からはわからない別の症状で悩んで
いらっしゃいました。

それに、私は副作用も強く出ましたがお薬の効きも抜群によかった
です。反対に、「私は、副作用が出なくて助かる」と言っていた
方は、効きの方も弱かったらしく、病気が進行して亡くなって
しまわれました。

 そういうこともありますので、他の方の体験談(こうすれば痛みが
和らいだ・・・とか)を参考にするのはよいですが、他の方と比較して
クヨクヨすることは極力避けられたほうがよいと思います。

 お嬢さんが少しずつ「ふつうの中学生生活」を取り戻して
いらっしゃる事を、私もサバイバーとして嬉しく思います。
一度しかない、「中学校時代」を母娘で満喫なさいますように!!
  • URL
  • セシリア #S9xHDphA
  • Edit

ポンままさん

2014-12-12 13:22

根雪になって
雪が家を囲む様になると かまくらみたいな感じで 根雪になる前より多少温かくなるんです。
確かに
真冬に千葉の叔父のところに行った時と1月に長男と二人旅で大阪に行った時は
二人で寒くてぶるぶる震えてました(ーー;)

盲腸の時は胃腸炎って言われて近くの小児科で毎日点滴を…しかし4日目にたまたま買い物に行くのに娘に留守番頼んだ時熱が上がる時にお腹痛いって言ってると娘から連絡もしやと思って胃腸科に連れて行ったら
緊急手術(*_*)二時間手術室から出てきませんでした。後一時間遅かったら破裂してたと…
採血とレントゲン受けてたので胃腸科の医師は激怒して小児科に電話してました。
診断遅れって本当に恐ろしいですよね(*_*)
あの時にたまたま娘がきづいたから胃腸科に行ったけど、あのままと考えると恐ろしいです(*_*)

  • URL
  • みゆ #jhC0J7jE
  • Edit

セシリアさんへ

2014-12-12 19:57

セシリアさん、こんばんは~。ぽんママです。いつも心配して下さって有難うございます。私、今日は金曜日なんで心は元気です。隣の芝生は青く見えるもの。人が持っているものと自分が持っていないものを比べることは決して自分を幸せはしない。私、確かに一部分しか見てなかったですね。あの頃は心も病みまくっていて悪い思考回路から抜け出せない感じでした。3か月ぐらい一緒の入院期間があった幼い子でした。元気に退院していきました。(今も元気だと思います)。髪フサフサだったんで夢にも抗がん剤治療しているなんて思いませんでした。「○ちゃんは平然としてるけどね」と、ある看護師さんに何気なく言われて(たぶん悪気は全然ないです)小児がんなんだなと分かりました。比べられるのは、あの頃の私たちには、きつかったです。追い打ちをかけるように、先生も「母親が付き添わなくなったら甘えたこと言わなくなるから、スパルタ式にやったら」と言っていると聞いたんで親子でショックを受けました。うちの子の主治医と、そのすぐ下の先生は娘が1時間嘔吐し続けるのを一度も見てません。先生に副作用は人ぞれぞれだと分かってもらうことが難しかったです。「我慢できない私はダメな子?」って悲しそうに娘が言った時は本当に可哀そうで涙が出ました。副作用が軽い子=頑張っている子と思われて得だな いいなと その時、思いましたね。心が病んでいると思考も良くない方にずんずん向かっていきます。娘の場合、最初、瀕死の状態で、徐々に回復していくパターンで、他の子はピンピン元気で入院してくる子が多くて、娘は他の子は早くガンがみつかって元気でいいなという気持ちが入院中は常にありました。後から入院して来て先に退院していく子がいてショックを受けたりしてましたね。でも、今になってみると娘より元気だと思っていた子が一人亡くなり、二人は、すでに再発して再入院していると聞いたので驚いています。その時点で、どうこう比べて思い悩むことはないのだなと思いました。ただ、辛いことの真っ只中にいると考え方も普通とは違ってしまったりしますね。『そういう風に考えられたら楽なんだけど。わかっているけど、できないんだ。』と今も娘は精神的に苦しい時、私に言います。母親として、そういう時、何もしてやれなくて辛いと感じる時がありますね。とにかく、今は一緒に悩んで一緒に少しずつ前へ進んでいこうと思っています。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

みゆさんへ

2014-12-12 20:44

雪に囲まれていると温かいんですね。なんとなくわかります。昔、スキーに行った時に建物が雪に囲まれてるって温かいのかもって思ったことあります。北海道凄い雪だって今日ニュースでやってましたよ~。盲腸、間一髪でしたね。こわーい。うちの父の場合、ただの腹痛だから温めてれば治るって言われて一生懸命温めてたら進行しちゃって、膿んじゃってケイレン起きてきちゃって大騒ぎだった。腹膜炎になってたから、かなり入院してました。半日遅れてたら危なかったって聞いてます。でも、息子さんの場合、レントゲンと血液検査してたんだから、わかると思うんだけどなあ。そりゃ胃腸科の先生に激怒して電話しておいてもらわないといけない事例だわ。毎日点滴してるんだから毎日病院(小児科)に行ってたのにね。うちの近くにも病気がみつけてもらえない小児科医院あります。ぽん豆が まだ赤ちゃんの時にマイコプラズマを「この子の体質」って言われてみつけてもらえなかったなあ。何度か通って、治らないから総合病院に連れて行ったら病気がわかった。それから、そこには行ってませ~ん。先生、優しくて良い人だけど母子家庭で忙しいんで、できるだけ即病気みつけてほしい。予約制の小児科に行ってましたね。時間がもったいないんで
。今は病人を見て病気を見つけられない医師が多いといいますが検査結果を見てもみつけられないようでは近いうちに廃業ですぞよ。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

そういう事情でしたか

2014-12-13 22:18

ぽんママさん、

丁寧な返答コメント、ありがとうございます。
なるほど、そういう事情でしたか・・・・・・

私がなぜ副作用について比較的冷静でいられたか、いま思い返すと
一つは、患者会やブログで、同じ病気同じ薬剤でも副作用の出方が
非常に異なることをよく知ることができたこと
そして、何よりも主治医の先生が、副作用の訴えについても、よく
観察し、私の愚痴をきいてくださったこと、が理由だと思います。

先生は、私の吐き気がひどい様子をみて、次々にいろいろ手を
うってくださいました。それでも、全然よくならないので、私が
癇癪を起して、
「もういいデスッ!!何やってもきかないから。一日や二日
がまんしますっ!!」とすねたら
ベッドサイドまで来て、半べそ顔で(50のオジサンですよ-笑)

「ねぇ~、セシリアさん、そんなに怒らないでよぉ~
切り札として胃薬の点滴残しておいたから」

「嫌です。やりませんっ!!今までのだって効かなかったじゃない。
嘘つき!!がまんします。」とたたみかけたら、

本当に今にも泣きだしそうな顔で
「ねぇぇ~、これまで処方したのが効かなかったは謝るよ。
でも、今度はホント。少しは楽になるから。保証するヨ。
だからさぁぁぁ~~、ねぇ、点滴、しようよぉ~~~。
ねぇったら~~~」

結局、先生の泣き落としに根負けして点滴を受けて、
効果は・・・少しあったことにしておきましょう(笑)

点滴の効果はそれほどでもありませんでしたが、
とにかく、主治医の先生が様子を細かく観察して、次から
次にいろいろと手をうってくださるのがわかったので、
それだけで、随分と気持ちが楽になりました。

自分がそういう先生にケアしていただいていたので
「医者とはそういうものだ」と思っていたのですが、
ぽん豆さんの主治医とその下の先生はそうではなかった
のですね。

でも、それってどうなのでしょう?
吐き気を含めて医者はお薬の作用・副作用をしっかり
確認する必要があるはずだと思うのですが・・・
抗癌剤は非常に強い薬なので、患者の状態をしっかり
観察しないと、一応基準はあっても一人一人にとって
適切な薬・量が見極められないと思います。

  ろくに患者の様子を観察もしないで、苦しさを訴える
のをお母様の教育のせいにする・・・医者としてそういう
態度はいかがなものか、と思います。


  • URL
  • セシリア #S9xHDphA
  • Edit

克服されたと勘違いする人が

2014-12-13 22:45

ぽんママさん

しつこくてゴメンナサイ。いろいろ思いだして熱くなってしまいました。

副作用の“吐き気”に関してですが、ここ5年くらいの間に
とてもよい制吐剤ができて、臨床で使えるようになったそうです。
(例;商品名イメンド  アプレピタントとか言って、吐き気の信号の
受容体に作用して、吐き気を感じにくくするとか・・・?)

そのおかげで、抗癌剤治療が以前に比べて随分と楽なものに
なったのだそうです。

ただ、その事が医療者の間で強調されるあまり、医師も看護師も
吐き気の問題を軽視する人がいるように思います。

 主治医が不在の日、私が余りに苦しがるので、看護師さんが、
「抗癌剤の専門家」を自負する先生を呼んできたのですが、
その先生は、「え~、そんなに苦しいの?どんな感じか説明して」
とのたまいました。私その時、吐き気がひどくて声も出せなかったのに・・・

 また、腫瘍内科医のブログで、「副作用の吐き気がひどい時の
対処法」という記事が掲載され、そこに
「吐き気がしている時は、お粥やスープなど消化の良いものを食べ」
と書いてあったので、

「胃に何かを流し込める状態の事を、われわれ患者は“吐き気”
とは呼ばない。そんなのは、ムカムカという。
抗癌剤の副作用の吐き気はそんな甘いもんじゃない!!」
そして、最後に、
「ふざけんなっ!!!」と捨て台詞を書いたこともあります。

以前、「モノ言う患者になりましょう。」と申したことがありましたが、
私の場合、それを通り越して「文句言いの患者」かもしれませんね(笑)
  • URL
  • セシリア #S9xHDphA
  • Edit

セシリアさんへ

2014-12-15 20:09

セシリアさん 本当に いつもありがとうございます。こちらこそ。コメントいただいているのに そのまま しばらく放置してしまって すみませんでした。今、私 週末に2つの講座を同時に受講していて勉強中なんです。それで土日は、クッタクタでネットを覗く元気がありませんでした。ごめんなさい。大人になって勉強しようと思って集まってくる人々は本当に良いですね。とても素晴らしい仲間です。セシリアさんの お話を今まで伺っている限り、とても信頼できる素晴らしい先生に巡り合われていらっしゃいますね。世の中、たいてい良い先生なのだと思うんですがね。でも相性も多いに ありますね。うちの子が好きな先生を嫌いという子もいましたから。うちの場合の最大問題は小児科(血液腫瘍)専門の先生がいない病院で闘病していたということですね。なぜ、そんなことも知らないのかと こちらが思うことばかりでした。抗がん剤投与に関する制吐剤、副作用、利尿剤の知識も?でした。主治医の先生は週一回診察するだけでしたから、いったい誰が責任を持ってやってくれているのかさえ 正直 わからないと思うことがありました。今年の4月に血液腫瘍の先生がいらっしゃって、やっと納得できる説明が得られるようになったんです。その先生は、拠点病院へ行く方がいいと判断した子を、きちんと送ってらっしゃいますねぇ。それに 当然、小児がんの子を何人も診たことがあるなら知っていると思われることも知ってらっしゃいました。本来は当たり前なんですがね。そういう安心感が ずっとないまま入院生活送っていたんです。本当に1年違いで こうも病院の印象が変わるのかと驚いています。親が言うのもなんですが 娘は英検や漢検も 年齢にしては上の級を受けるなどして、結構 頑張り屋だと思います。甘えて「苦しい 痛い」っていう子ではないので、先生方に それを理解されなかったのは本当に残念で今でも悔しい思いがあります。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

セシリアさんへ

2014-12-15 21:03

いつも 有難うございます。皆さんに熱く語って頂く場でありたいです このブログ。大大大歓迎です。患者が何を感じていたか感じているか ガン闘病の経験のない医療従事者の中には分からないこともあると思いますので色々な問題解決のヒントにもなると思います。吐き気がある時、何も口に入れたくもないですよね。本当に その通りです!なのに抗がん剤治療は「水たくさん飲んで薬を早く尿で出せ」「食べないと体力も落ちるし死亡率も上がるんだよ」とか。ただでさえ苦しいのに拷問ですよね。大学病院に一年住んでみて思ったことは あの激務に耐えうる先生は頑丈な体の持ち主だけ。つまり、もともと丈夫で ほとんど病気になった事がない人が多いのではないのかなということ。だから 病人の気持ちが実感として分からない人が もしかしたら多いのかなっと思いました。もちろん、そんな先生ばかりではないと思いますが。本当に見るからに丈夫そうな先生ばかりだったんですもん。「あの先生は体育会系だからスパルタなんですよ」って、うちの子の先生の事、ききました~。医者で体育会系って文武両道ってことですよね。だからぁ何でもできちゃって元気で人より苦しいことがなかったから人の気持ちがわかんない発言ばっかりしてんだわっと思いました。私も「ふざけんな」って言っとけば よかったですぅぅぅぅぅ。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

皮下注射の痛くない打ち方

2014-12-20 12:54

大腸癌の手術の後、HCU室で初めて血栓予防注射を打たれました。
注射は、おへその横のやわらかいところにするのですが、恨みを込めて針を突き立てたのか! と思う程の痛さでした。
二度目は、「痛くしないでね」とお願いしたところ、ベッドを少し起こし、お腹の肉をいっぱい集めてから打ってくれました。
このやり方だと、インフルエンザの予防接種より痛くないくらいでした。

記憶違いでなければ、血栓予防注射も皮下注射です。
皮下注射は、お肉を集め、柔らかいところに打つと痛くないのかも。
  • URL
  • 伊牟田勝美 #-
  • Edit

伊牟田勝美さんへ

2014-12-20 20:04

情報ありがとうございま~す。母の ぽんママです。やっぱり、肉がある方が痛くないんですね。おへその横なんかに打つ注射もあるんですね。ものすごく痛そうです。でも痛くない方法があるなら最初から、どうしてその方法で打ってくれなかったのか不思議ですね。忙しいから、そこまで配慮して注射してないということかなあ。うーん、痛くない打ち方、常にしてほしいですよね。
  • URL
  • ぽんママ #-
  • Edit

ぽんママさんへ

2014-12-24 01:13

「痛くない方法があるなら最初から、どうしてその方法で打ってくれなかったのか不思議ですね」

実は、最初に注射してくれた看護師さんと、二度目に注射してくれた看護師さんは、別の方でした。
血栓予防注射は、三度、注射されたのですが、それぞれ別の看護師さんでした。
なので、注射の方法と痛さの関係を知ることになりました。
ちなみに、三度目の注射は、ベッドこそ起こしませんでしたが、やはりお腹のお肉を集めて打ちました。(二度目ほどではありませんが痛くありませんでした)

私にとって、一度目の血栓予防注射は人生で最も痛い注射!
二度目の血栓予防注射は人生で最も痛くない注射として、記憶に残っています。


私の癌は比較的初期でしたので、リンパや他の臓器への転移はなく、抗癌剤の投与を受けずに済みました。
早期に発見できたことは、ラッキーでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ぽん豆カウンター

プロフィール

ぽん豆☆

Author:ぽん豆☆
小児がん(肝未分化肉腫)ステージ4と戦闘…そして
勝利(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)و ̑̑ グッ !
小6女子!(現在高校1年生)

今は闘病後の経過など書いてます♪
闘病記は下のカテゴリー欄から読めます

↓クリックお願いします↓

カレンダーですけど。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
71位
アクセスランキングを見る>>

検索しちゃう?

ブロとも申請受付中

QRコード

QR